2022年 10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日
2022年 11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
 

トップ > 【国別(Country)】 > 🇯🇵日本 > 【UME セゾン/ヨロッコ】
【醸造所(Brewery)】 > 🇯🇵ヨロッコ > 【UME セゾン/ヨロッコ】
【スタイル(Beer Style) 】 > Saison/FarmhouseAle > 【UME セゾン/ヨロッコ】

【UME セゾン/ヨロッコ】

Farmhouse Ale with Ume  /5%/330ml
 
 〜ブルワーさんのコメント〜
 毎年恒例となってきたローカルバックヤード・シリーズの梅セゾン。
 今年も昨年同様、SNSを通じて地元の方々にお声掛けをしましてローカル各地のお庭などから梅を集めて頂きました。10数名の方たちが、6月の蒸し暑さが募る時期に梅を収穫してくださり、ブルワリーへと持ち込んでくれました。色や大きさ、品種等も様々な梅。共通点は、2022年のこの気候のなか、同じ地域で育った梅だということでしょうか。今年の総量は100kg超くらい。ブルワリーでも少し追熟させながら、発酵後のビールにタイミングを合わせて浸漬。その後、梅の糖分のおかげか、再度発酵が始まりまして、それが落ち着いたのを見届けてからパッケージングいたしました。  
 
 そして更に、瓶詰めに際しては通常と違うプロセスとして、少量の塩と、ブレタノマイセス(野生酵母)を投入しております。
 
 ですので、瓶のものに関しては、最初の主発酵→梅の発酵→瓶内ブレット発酵と3回目の発酵が進行中ということになります。
 
 
   ※ボトリング時にブレットを添加するやり方としてベルギーのオルヴァルが有名ですね。ブレットの発酵は比較的ゆっくりと進んでゆくため、瓶詰め後1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月くらいの時間感覚で変化してゆくように感じます。ベルギーに行った際も、当地の方たちはそれぞれ好みのタイミングがあり、ビアカフェ等ではメニューにただのオルヴァルと、オルヴァル(6ヶ月)というように記載されていたことがあり感銘を受けました。余談ですが。
 
 今年のものも酸味のよく出た仕上がりとなっております。梅の芳香も感じられます。また、ベースとなるアンバーセゾンの風味も、それらとよく調和しているように感じます。 
そこに塩のニュアンスも加わり、現時点でもよくまとまっておりますが、これからブレット由来の完熟したフルーツ香や軽いファンキーさも加わることが予想されます。
価格 : 630円(税込)
ポイント : 6
数量
 

品切れ

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

ページトップへ